お申込み手順お部屋探しの際の、お申し込みから契約に至るまでの一般的な手順のご説明

入居の申込み

下見の結果、気に入った物件が見つかったら、さっそく不動産会社に入居の意志を伝え、入居申込を行います。

具体的には、入居申込書に所定の事柄を書き込んで提出し、家主の入居審査を受けることになります。

審査にパスすれば、次は契約です。

 

1.入居申込書

入居申込書には、[1]現在の住所・氏名[2]学校・勤務先・年収[3]保証人の住所・氏名・続柄[4]保証人の勤務先・年収などを記入します。

この際、入居の意志を示すため、「預かり金(申込金、申込証拠金)」を預けることがあります。

申込をキャンセルした場合には返還されるものなので、そのことを明記した預かり証を受け取るようにしましょう。

尚、家主からの指定により賃貸保証会社への加入が申込みの条件となる場合があります。

2.入居審査

家主は、不動産会社から入居申込書を受け取ると、記入された事項をもとに入居審査を行います。

賃貸保証会社に加入する場合は賃貸保証会社による審査も同時に行います。

審査の結果は、1週間以内に出るのが普通で、不動産会社から連絡があります。 審査にパスすれば、日取りを決めて契約書への署名・押印となります。家主からの承諾が得られない場合は、他の部屋を探すことになります。

審査にパスすれば、日取りを決めて契約書への署名・押印となります。

3.現在の住居の解約予告を

賃貸住宅からの引越しとなる人は、現在住んでいる部屋の家主あるいは不動産会社に、住居の解約予告(通常は引越しの1ヶ月以上前まで)をしておく必要があります。

新しい住まいの入居審査にパスして引越しの日取りが決まったら、即座にその日程を現在の家主や仲介してくれた不動産会社に連絡しましょう。

契約書のチェック項目

  • 入居者の身分証明書免許書等(写真付のもの)本人確認のできるもの。
  • 入居者の住民票現在の住所を証明するために必要。契約の前日までには準備してください。
  • 入居者の収入を証明できる書類源泉徴収票か住民税課税証明書、または確定申告の写しなど。(必要に応じて)
    入居者が学生の場合、保護者の収入を証明できる書類が必要な場合もあります。
  • 入居者の印鑑実印が必要かどうか事前に不動産会社に確認してください。
  • 保証人の保証書保証人が、入居者の身元と万が一の場合の損害賠償などの連帯責任を約束する文書。
    「連帯保証契約書」または「念書」「確約書」とも呼ばれます。
  • 保証人の印鑑証明書保証書に押された印鑑が、保証人の居住する市町村役場に登録されている印鑑(実印)であることを証明する書類です。
  • 保証人の収入を証明できる書類一般的には、入居者と同じで、源泉徴収票、住民税課税証明書、確定申告の写しのことです。(必要に応じて)
PageTop

PageTop